古都京都で江戸時代から続く染屋「染司よしおか」五代目当主
吉岡幸雄のサイトへようこそ。
日本古来の植物染による美しい彩りをお楽しみください。

吉岡幸雄 展示・講演・メディア出演等のご案内

2016.11.29 (火) 〜12.11 (日) 兵庫県神戸

染色家 吉岡幸雄「色の歳時記」展

神戸ポートピアホテルにて、吉岡幸雄の作品展を行います。

吉岡幸雄「色の歳時記」展詳細情報へ

2016.12.10 (土) 10:00〜12:00 静岡市葵区

1日講座 吉岡幸雄 暦と色の歳時記
「二十四節気から 立冬 小雪 大雪 冬至」

松、松雪、枯野、柑子(こうじ)、雪月花などの色目、よそおい、旬の食材などお話しします。

吉岡幸雄の暦と色の歳時記詳細情報へ

2017.2.1 (水) 14:30〜16:00 大阪中之島

「節句の色・季の彩 〜桃の節句」
 講師: 吉岡幸雄

日本には、美しい色の名前が数多くあります。講座では、節句に合わせて和の色の歴史や文化を紹介します。今期は「桃の節句」。

「節句の色・季の彩〜桃の節句」@大阪詳細情報へ

2017.3.29 (水) 13:00〜14:30 名古屋市中区

「節句の色・季の彩 〜桃の節句」
 講師: 吉岡幸雄

日本には、美しい色の名前が数多くあります。講座では、節句に合わせて和の色の歴史や文化を紹介します。今期は「桃の節句」。

「節句の色・季の彩〜桃の節句」@名古屋詳細情報へ

過去のご案内

2016.11.11 (金) 中外日報

中外日報・吉岡幸雄インタビュー
『日本の伝統色の再現に挑む染色家』

「いにしえの色は美しい」――化学染料万能の時代に、古来の植物染めで寺社にも縁深い日本の伝統色を再現しようと挑み続ける…

中外日報・吉岡幸雄インタビュー詳細情報へ

2016年10月 読売新聞

読売新聞にて吉岡幸雄が紹介されました
「先人の技 畏れ、学ぶ」

第68回正倉院展に「夾纈」で染めた屏風が出展されている。その古代の染色法をよみがえらせたことが紹介されました。

吉岡幸雄「先人の技 畏れ、学ぶ」詳細情報へ

2015年6月 産経EX/SankeiBiz

【松岡正剛】日本の「色」をとことん再現した匠
吉岡幸雄の途方もない高速挑戦

松岡正剛氏による産経EX連載「BOOKWARE」にて、吉岡幸雄の著書が紹介されました。

日本の「色」をとことん再現した匠詳細情報へ

2015年4月 紫紅社

ドキュメンタリー映画「紫」
ブルーレイ&DVD2枚セット販売開始

染司よしおかの情熱を追ったドキュメンタリー映画「紫」が多くの人のリクエストに応えて、ついにブルーレイ&DVD化されました。

ドキュメンタリー映画「紫」ブルーレイ&DVD詳細情報へ

2014.12月24日 産経新聞

産経新聞連載「日本遊行‐美の逍遥」
『正倉院の色彩 親子で再現挑む』

正倉院宝物の染織技術の再現に挑む染司よしおかの様子を紹介した記事が公開されました。俳優の井浦新さんによる取材です。

『正倉院の色彩 親子で再現挑む』詳細情報へ

2011.7.9 (土) 〜8.28 (日) 東大阪

 菊池寛賞受賞記念 染司よしおか 吉岡幸雄
「日本の色 千年の彩展」

8年に一度の法要でしか公開されない蓮華寺の「幡」など、様々な寺社に納められた作品も展示されました。展覧会の模様の一部を作品ギャラリーに追加しましたのでご覧ください。

菊池寛賞受賞記念「日本の色 千年の彩展」詳細情報へ

2011.12.20 (火) 〜12.25 (日) 日本橋高島屋

2011年 吉岡幸雄の仕事展
「王朝のかさね色」

日本の四季の美しさを衣装に取り入れた平安王朝の美「かさね」。日本の色彩の源流ともいうべき王朝のかさね色を植物染による染織作品として240種を展覧いたしました。展覧会の模様の一部を作品ギャラリーに追加しましたのでご覧ください。

日本橋高島屋「王朝のかさね色」展詳細情報へ

2012年 特装本出版

『王朝のかさね色』特装本
植物染和紙 実物貼付 30部 限定制作いたします。

植物染和紙による襲の色目 240種 実物貼付。
「染司よしおか」30部限定制作 予約受付中。

『王朝のかさね色』特装本詳細情報へ

染司よしおか公式サイト
美術図書出版「紫紅社」公式サイト

染織家 吉岡幸雄の仕事「王朝のかさね色」展

「日本の色・四季の彩」染色家 吉岡幸雄展(2016年11月・日本橋高島屋)

吉岡幸雄の仕事
「海を渡る日本の色」展
(2016.11 写真ギャラリー)

菊池寛賞受賞記念 吉岡幸雄「日本の色 千年の彩展」

「紫のゆかり 吉岡幸雄の色彩界」更新情報を購読する 吉岡幸雄公式サイトについてツイートする